根元だけ白髪なのはなぜ?原因はストレス?髪の毛の根元だけ白い理由

根元だけ白髪なのはなぜなのでしょうか。

黒髪の人なのに髪の毛の根元だけが白い理由について。

根元だけ白髪なのはなぜ?髪の毛の根元だけ白い理由

なぜ根元だけ白髪なのでしょうか。
つまり毛根付近の毛だけ白い状態で途中から黒髪になっている

その理由は白髪が生えてきているからです。

毛根にある毛母細胞が体内で細胞分裂の末に角質化して体外に出てくるのが髪の毛。
髪の毛になって生えてくるわけですから、古い髪の毛ほど毛先にあって、新しい髪の毛ほど根元に生えています。
つまり髪の毛の根元だけ白髪なのは、これまでずっと黒髪だった人の髪に、新しく生えてきている髪の毛が白髪に変わってきているということを示しています。

根元の白色部分が毛先の黒色に移っていくわけではありません。
髪の毛が伸びて移動しているように見えるだけです。

白髪とは髪の毛が黒い色に見える役割をするメラニン色素が何らかの原因で発色しなくなり、色がついてない、薄い色の髪の毛。
ほぼ無色ですが、それが白色に見えている。
白髪がたくさん生えた人を遠くから見ると全頭髪では銀髪に見えることもあります。

これまで黒髪であっても、白髪が生えるようになると、毛先から毛根へと下方向へ見ていった続きが白い。
髪の新しい部分だけ白色、だから根元だけ白いということになるのです。
根元が白で途中から黒髪の状態。

髪の毛の根元だけ白髪なのはストレスが原因か

髪の毛の根元だけ白髪なのはストレスが原因なのでしょうか。

白髪の原因は医学的に明らかにされていませんが、ストレスもその要因の1つだという説が有力。

ご自身でも何かのプレッシャーを感じたり、重度のストレスがあって白髪が数本生えてきてしまったという経験に思い当たりはありませんか。
またはそういった知人の話を聞いたことがあるかもしれません。
円形脱毛症もストレスを原因にある日突然、発症します。

黒髪だった人に突然、白髪が生えてきたので一定期間それが続いて、根元だけ白髪になっているのです。
毛先の黒髪が白に変色することはありません。

すなわちストレスが原因で根本だけ白髪になることはあり得る。

白髪の根元だけ黒


逆に白髪頭の人の根元だけ黒というパターンもあります。
これは体質が少し変化して一部だけ再び黒髪に戻ったということ。
メラニン色素の黒が色付くようになった。
しかしこういった事例は珍しいですし、一時的なものかもしれません。

なぜ白髪になるのか、なぜメラニン色素の色味が抜けるのかは医学的にも科学的にも解明されていませんが、遺伝性、ストレス、加齢、若返りアンチエイジング、環境からの影響、体質の変化、食生活の変化、生活習慣の改善など様々な要因で白髪になったり、黒髪に戻ったりの変化は起こりえます。

数本だけの白髪

数本だけの白髪ですが、ストレス要因であれば一時的なものですので、そのストレスが無くなれば、自然に白髪も無くなります。
切り落とすか、放置して様子見してください。

もしくはメラニン色素の部分的な異常が起きたのかもしれませんが、他の髪が正常であれば問題ありません。
今後の髪の毛は全て黒く色付いて安定するはず。

髪の毛の数本だけ根本が白い場合は、今後、全ての髪の毛が白い状態で伸びてくることも考えられます。
少し注意して経過観察していくようにしてください。

30代半ば40代以降で白髪は増える場合は根本だけでは終わらない


白髪が生える一般的な原因として挙げられるのは年齢的なもの。
歳をとって加齢で白髪になる。

その白髪が生えてくる平均年齢は35歳前後からだと言われています。

すなわち加齢要因で白髪が生えてくるなら、30代半ば。
40代以降に生える白髪であれば、数本の白髪を見つけたり、根本だけ白髪などと言っているうちに爆発的に白髪が増える可能性は高いと言えます。根本だけでは終わらないのです。

特に40代で根元だけ白髪ということは、全頭髪において、いよいよ黒髪が白髪に変わってきたという判断材料にもなりえます。

10代、20代なら若白髪?根本だけなら一時的

10代あるいは20代で白髪が生えるのは加齢としてはやや早い。
一時的なものが多く、若白髪などとも呼ばれます。

数本の白髪があっても放置しておけば、その後は生えません。

髪の毛の根本だけ白くなっても、一時的なストレスであって、やがて元の黒髪に戻りますのでご安心ください。
根元が白で途中から黒髪だった髪の毛が、途中だけ白髪に変わる。
既に黒い部分、白い部分はそのまま、新しく生えてくる髪は黒ですから。

但し、先天的に白髪になる要素を持って生まれた方は、年齢を問わず、10代からでも、体質として白髪が生えてきます。

20代なのに毛の根元だけ白髪、髪の毛の根本が白い悩み

20代なのに髪の毛の根元だけ白い悩みがあるかもしれません。

白髪が生えてくる原因の最大の理由の1つに加齢があります。
平均年齢でいいますと35歳前後だとされており20代だとまだ早め。

20代後半ですと年齢的に髪の毛全体が白髪に変わってきた、加齢要因の可能性もなくはありませんが、それでもやや早いかと。

20代前半でしたら一時的なものでしょう。
最近になって何かストレスは感じていませんか?

見分ける方法としては、その髪の毛の根元が白い状態から、その後もずっと根元が白く、白髪部分が増えて伸びてきたら加齢によるもの。

ストレスなど一時的な原因だった場合は根本の白い部分がやがて黒くなり、白い部分は毛先と根元の間の中間部分だけになってきます。

10代なのに毛の根元だけ白髪、髪の毛の根本が白い悩み

10代なのに髪の毛の根元だけ白い悩みがあるかもしれません。

この年代ですといわゆる若白髪と呼ばれますが、往々にしてストレスなどの一時的な要因でしょう。

生まれつき先天的、遺伝的な要素として白髪になりやすい方は、年齢を問わず白髪が生え始めてきますので仕方がありません。

一時的な白髪であれば、放置しておけば自然治癒のように元の黒髪に戻りますのでご安心ください。

先に述べました通り根本の黒い部分が髪の毛の中央部分に浮き上がるようになってきます。
根元が白で途中から黒髪だった髪の毛が、途中だけ白髪に変わる。
根元が再び黒くなり始めたらご安心ください、黒髪に戻っています。

根本だけ白髪なら、いつから白髪染めを使う?

いつから白髪染めを使うかに正しい回答はありません。
早めに白髪を染めるのが最善策。

たとえストレスなど一時的な要因で根本だけ白髪になったとしても、気になることもまたストレスになりますので、染めてしまったほうが、気持ちも楽だと言えます。

最近では市販の白髪染めを使ってセルフでも簡単きれいに染められますので、根本だけでも数本だけでも白髪が生えているならまずは気軽に使ってみましょう。

根元だけ白髪染めトリートメントを使ってセルフで染めるのがおすすめ

根元だけ白髪染めで染める方法としてはセルフで、市販の白髪染めトリートメントを使うのがおすすめ。

クリーム状ですので狙った部分にピンポイントに塗布できる。
垂れにくいので生え際、分け目、頭頂部など髪の毛の根元で白い部分だけを染めていけます。

低刺激なので髪や頭皮を傷めることはありませんし、使い切りではないので、ストレスなどで一時的な白髪がいつ生えてきても、繰り返し染めることができて便利。
使った残りを保存しておくもよいですし、余分に1本ストックしておくのも緊急の白髪隠し、リタッチ用としては最適となる白髪ケア。

市販の白髪染めトリートメントを活用して髪の毛の根元だけ染められます。

白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

白くなった髪の根元は市販の白髪隠しでリタッチしていくのがよいのか
途中から白髪とか途中だけ白髪なのはなぜ?一部だけ白い髪の毛の謎
白髪で根元は黒い髪、毛先から白い毛なのに根元だけ黒なのはなぜ?
髪が白黒まだら。白髪なのか黒髪なのかわからない。原因は白輪毛?

おすすめ