10代20代で若白髪が多くて嫌になる。若いのに白髪だらけなら白髪染めで染めるのが正解

10代や20代で白髪が生えている状態、いわゆる若白髪。

中年でもないのに生えてる白髪が恥ずかしいし、白髪の本数が多くて処理に困って嫌になる。

10代の若白髪。中学生・高校生の悩み

中学生や高校生で1本くらい白髪が生えることも稀にはあります。
一時的なストレスや環境の変化などがあれば不思議でもありません。

しかし10代で若いのに白髪だらけなのはおそらく先天的な体質の問題だと考えられます。

白髪が多い人の悩みも辛いですが、中学生や高校生で若白髪が多い人は恥ずかしいという部分も含めて嫌になり、精神的にショックを受けているような状況でしょう。

若白髪を利尻ヘアカラートリートメントで染める中学生や高校生。10代の若白髪ケア

20代で白髪が生えるのは老化で加齢現象か若白髪か

白髪が生えるのは平均的に30歳半ば頃とされていますので20代なら若白髪。
年齢通りの老化で加齢現象と言いうには、やや若め。

20代で白髪が生える要因が老化現象というには年齢的に早すぎます。

若白髪の原因は?遺伝やストレス

若白髪の原因は先天的な体質、遺伝の可能性もありますが、過度なストレス、体の異常を示したサインということもありえます。
心身が健康な毎日を過ごすよう心がけ、生活習慣を見直してください。

実際のところ小学生で白髪が生える人もいますので、必ずしも健康状態の異変とは限りませんが、気を付けたい。

若白髪の対処方法

若白髪の対処方法ですが、まずはハサミで切る。
数本程度なら対処できるでしょう。
しかし頭頂部や後頭部ですと他人にカットしてもらわないと難しい。

白髪は生え始めると増える傾向にありますので見える範囲を対処していても、やがて切るには多すぎるレベルになっていきます。
散髪のようにたくさん切るわけにはいきません。

白髪を明るい色で誤魔化すことはできる?白髪染めを使ったほうがよい?

若いのに白髪だらけなら白髪染めで染めるのが正解

若いのに白髪だらけなら白髪染めで染めるのが正解です。

10代や20代で白髪染めを使うなんてちょっとショックかもしれませんが、決してそんなことはありません。

茶髪の明るい髪色に染めるようなオシャレ染めのカラーリング剤も、実は白髪染めも同じ仕組みでできており、染め方も同じ。
ですから自宅でセルフのカラーリングしたことある方なら簡単に染められます。

中学生や高校生の方でもオシャレ染めは自分自身でできますから、同じように白髪染めも使えます。

セルフで白髪を生かしたカラーリングなら市販アッシュもおすすめ

若白髪なので美容院に行くのが恥ずかしい

若白髪なので美容院に行くのが恥ずかしいという方がいらっしゃいます。
美容院で白髪染めのオーダーをしにくい若い人の若白髪はどうしたらよいものか。

美容師が若白髪を見つけた場合、美容師はいろいろな方の髪の毛をカットしていますから、若白髪か中年で年相応の方かどうか経験上わかります。
それでも顔つきが童顔だったり、身長が低いとか、服装が幼く見えても実は30歳前後という方もいらっしゃいますから、見た目年齢から実年齢を決めるけることもない。

仕事ですから、いちいち若白髪があっても特別に思うことはありません。
あなたの年齢は知らないわけですから、その逆で実年齢よりも上に見られている可能性もあります。

グレイヘア

美容室では、カットに合わせて白髪を染めてください、と自ら注文しなくとも、数本程度の白髪であれば美容師は黙って白髪だけをカットします。
白髪をグレーヘアと呼ぶ美容師もいるので、「グレイヘア生えてますね」と話しかけられたら白髪のことです。

若い人であっても白髪の割合が多い場合には「白髪染め使いますね」と提案してくるでしょう。
あまりにも若く見えている場合にはどうしますか?と相談してくるパターンもありえますが恥ずかしく思うことはありません。普通にそのまま白髪染めをオーダーしましょう。

市販の白髪染めを使ってセルフで白髪ケア

若白髪を自分でカットするには本数が多すぎるし、美容院で染めてもらうには美容師に笑われたり馬鹿にされたことがあるので嫌だ、耐えられない、恥ずかしいという方もいらっしゃいます。

そのようなお悩みならば、市販の白髪染めを使ってご自宅でセルフで白髪ケアすることをおすすめします。

ドラッグストア、ホームセンター、コンビニなどでも販売されていますし、ネット通販でも入手可能。店頭で買うことも恥ずかしいのであれば、スマホやパソコンからネットで注文したほうがよいでしょう。

自分で白髪を染めても簡単に白髪隠しできて、きれいな髪色に仕上がるように開発されています。

美容室に行くのは気が引けるという若い方、学生の方などもセルフ染めで若白髪を対処していくことをおすすめします。

白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプー

白髪染めやオシャレ染めのヘアカラー剤は混ぜて使う二剤混合式が代表的ですが、最近ではヘアマニキュアの白髪染めがあります。

髪の表面を染めるだけですので低刺激で、頭皮や毛髪にダメージがほぼありません。
ダメージがないので、毎日使うことができます。
すぐに目立ってくる髪の根本のキラキラした白い部分も、毎日のように染めていれば、常に染まっていて白髪が目立ちません。

ヘアマニキュアにもいろいろなタイプがありますが、特に簡単で気軽に染められる白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーから試してみることをおすすめします。

特に白髪染めトリートメントは、狙った部分だけをピンポイントに染める部分染めにも適しているので、まだ多くない白髪を染めるには最適です。
10代の中学生や高校生も使うことができます。

白髪染め比較おすすめランキング

関連記事

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーよく染まるのはどっち?その違いとは?
利尻ヘアファンデーションで白髪隠し。薄毛の地肌も隠せる
ヘアマニキュアタイプの白髪染めで髪の根元を染めるリタッチは染まらない?色を長持ちさせる方法はある?
金髪なら白髪が目立たないカモフラージュ色、白髪隠し

おすすめ