アラフィフ40代後半からの白髪染めと白髪ケア

アラフィフが白髪染めを使うことについて考えてみましょう。

40代後半から50歳代におけるアラフィフの髪の毛のこと、白髪の悩み。

アラフィフと白髪の原因

アラフィフという年齢、年代。

40代からの明らかな肉体の老化、加齢がさらに進み、
50代も後半になれば初老の域へと向かう。

体の衰えにより、髪の毛の衰えも起こる。
薄毛は指摘されやすいですが、白髪も加齢現象、老化のひとつ。

日本人なら黒いはずの髪の毛が、毛髪内部のメラニン色素が抜けた白のままの状態。
それが白髪。

白髪の原因は明らかになっていませんが、加齢もその1つに挙げられています。
白髪が生え始める平均年齢が30代半ばから40歳前後とされていますので、
アラフィフに生える白髪は年齢的に、ほぼ全ての人に生えているとも言える。

アラフィフ女性は更年期、ホルモンの変化が起きやすい時期

女性の場合、女性ホルモンであるエストロゲンが
急激に減りやすい時期に入ります。いわゆる更年期障害。

この体内の変化は内臓、皮膚のシワや、
髪なら薄毛や白髪といった形で表面化してきます。

ホルモンバランスの崩れは男性にもあり、テストステロン量の変動で
薄毛になる方と、髪が多くあっても白髪になる方がいる。

アラフィフが白髪染めを使う

白髪の量を考えますと、アラフィフで白髪染めの使用は必要。

これは外国人も同じですが、アメリカ人などは色が抜けた髪のままで、
割と普通に過ごしていたり、40代から使い続けていた白髪染めを
思い切って止めるという選択をとる場合もあるようです。

白髪も、きれいなシルバー髪で統一されていれば、いわゆる
ロマンスグレーという格好でよいのですが、白と黒の混在したような
ヘアスタイルは一般社会や世間ではなぜか不潔という印象になることも
少なくなく、年寄りじみた白髪は避けたいところ。

市販の白髪染めがアラフィフにおすすめ

女性は美容室で髪を切るときに、オシャレ染め、白髪染めなど、
ヘアカラーも合わせ、髪の毛を染めてもらっているかと思います。

最近は、市販の白髪染めがたくさん販売されており、薬局やインターネット販売で
買うことができます。

女性用だけでなく男性用もありますし、女性用を男性も使える。

素人でも自宅で簡単にセルフで染めて、きれいに仕上がるよう作られていますので、
アラフィフにもおすすめ。

中でも白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーなどのヘアマニキュア
と呼ばれるタイプは、髪の毛の表面を染めるタイプとなっており、
セルフや美容院で混ぜて使うタイプの白髪染めと違って、
化学反応や刺激およびダメージのの少ないもの。

これまで植物ヘナの染料を使ってきた方、白髪を染めてきた方もいらっしゃるはず。
粉を水に溶かして混ぜて使うのは大変で面倒だと思います。
それに比較して白髪染めトリートメントなら髪に塗るだけ、
白髪染めシャンプーなら髪を洗うだけで白髪ケアできるのです。
しかもとてもきれいな髪色に染まる。
染める前にブラック、ブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなど、
イメージに近い髪色を選んで決められます。

髪に塗るだけの手軽な白髪染め。
刺激性もないので安全な染毛剤として人気になっています。
ぜひ一度、お試しください。

おすすめ