白髪染め後、その上からヘアカラーしたらどうなる?

白髪染めで髪を染めた後、さらにヘアカラーでオシャレ染めしたら
どうなるのでしょうか。

染める頻度は1か月に1回

まずヘアカラーというのは連続でするものではありません。
化学薬品や石油系化合物などから髪や頭皮がダメージを受けるため、
その負担を最小限に留めるのが目的。
液剤が付着した皮膚、肌もです。

だから髪を染める頻度が1か月に1回という目安になっているのです。

染毛力が強いので変色に終わる

白髪染めで染めた髪はかなり濃く染まっています。
オシャレ染めよりも染毛力が強いからです。

その上からヘアカラーしても染まることはありません。
色合いがうまくミックスすることもありません。
カラーリングはペンキや絵の具を混ぜるようにミックスしたり、
グラデーションにはならない。
むしろ黒や緑といったような妙な色に変色するのがオチ。
つまりかなりの確率で失敗すると思っておいたほうがよい。

正しい判断は待つこと。
新しい髪に生え変わってから改めてヘアカラーする。

ヘアーマニキュア

以上は主に二剤混合式、酸化染料の白髪染めについての話でした。

ヘアーマニキュアという髪の表面に色を付けだけのタイプの
白髪染めがありますが、これらなら低刺激なので毎日のように染めることが可能。
具体的には白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーなど。

だからと言って、こちらも2つの白髪染めトリートメントを連続で使ったり、
混ぜて使うのはよくありません。
そもそもそういった想定で作られてはいませんし、そのようにしたところで、
イメージしていたような髪色にはならないでしょう。

白髪染めトリートメントの後にオシャレ染め

白髪染めトリートメントの後に、二剤混合式のヘアカラーで染めたら?
普通はしませんが、間違えたり、髪色を修正したいと強引に使ったと仮定しましょう。
先に染めた白髪染めトリートメントは髪の表面に色をつけただけの格好。
後からの二剤式のほうが薬剤で強力。

つまり白髪染めトリートメントは使った意味がなくなります。
その上、二剤式が髪の表面キューティクルを開きにくくなって、
混合剤が髪の内部に入っていけなくなるかもしれません。
そうなると後から使ったヘアカラーも変な色になって使う意味がなくなる。

連続で染めるのはよくない

上記はあくまで無茶な使用をした一例として想定としてのお話でしたが、
実際にどのような髪色になるかは使うカラーや髪質、染め方、放置時間など
でも変わってくるでしょう。

とにかく、白髪染めであれヘアカラーリングおしゃれ染めであれ、
染めた上から連続で染めるのはダメージの面でもよくありませんし、
髪色も変な色になってしまうのでやらないようにしましょう。

おすすめ